top of page
  • YUUKO MORIUCHI

儀礼によって心を癒す

更新日:2023年12月18日

SNSでは葬儀について語ったことはありませんでしたが、最近は、葬儀やご供養について、事前にお問い合わせがあり、私も各々のご事情、ご希望に合う形、内容をご案内させて頂く機会があります。お元気なうちから、自身や家族の「死」について目をそらすことなく向き合い整えておくことは、考え方が多様化する今の時代に敵ったことなのでしょう。いざというとき、円満に往けるようにや、お別れ(お見送り)ができればと、ご相談にきてくださいます。また身近な人の「死」を目の当たりにするとき、私の限られた「命」についても、漸く考えることができるといえます。本来は、ここからが仏教の域です。ご供養は、遺された方々の仏縁となるです。

二度とないこの一生、人のこころをもって大切に生きたいものです。

人を学ぶ現場がこの娑婆世界。

みな各々課題が違いますが、互いの人生は結び付いています。



bottom of page